脱毛器の集合写真
今やサロンに行かずに自宅で脱毛できる時代です。
ここ数年で性能の高い家庭用脱毛器が沢山出来て、驚くほど綺麗に脱毛出来るようになりました。

パナソニックやブラウンなど大手が発売している脱毛器や
ケノンやトリアような人気の脱毛器まで多くの家庭用脱毛器が販売されています。

しかし、家庭用脱毛器は普段なじみのない物なので、
選ぶ基準や脱毛器の種類などわからない事も多いのではないでしょうか?

また、家庭用脱毛器といっても結局は脱毛するという事なので、
正しい脱毛の知識も必要です。

そこで今回は、楽天やAmazon、公式サイトから購入できるガチで効果が高く人気の脱毛器をランキング形式で紹介。
さらに家庭用脱毛器の選び方や種類、脱毛器を使う上で必要な知識も織り交ぜながら、
家庭用脱毛器の全てを理解できるようになっております。

是非このページで自分にあったムダ毛をしっかりと脱毛できる家庭用脱毛器をお探しください。

家庭用脱毛器の効果はどのくらい?

効果はどのくらい
高性能の家庭用脱毛器なら脱毛効果はサロンと同じです。

産毛まで完全に脱毛することはできませんが、
ムダ毛の自己処理がほぼいらなくなるくらいまでは綺麗に出来ます。

完全に細い産毛も処理したいというなら家庭用脱毛器では難しいですが、
大抵の人は十分と言えるくらいまでムダ毛を脱毛出来るでしょう。

しかし、家庭用脱毛器と言ってもピンキリですので、
全ての脱毛器の効果が高いわけではありません。

やはり高性能でない格安の脱毛器は効果は限定的です。
具体的には「一時的には効果があってもいずれ元の状態に戻る」
「剛毛や産毛の効果はイマイチ」「使っていると脱毛効果が落ちる」

などです。

ですから、本当に効果がある家庭用脱毛器を選ぶ必要があります。

家庭用脱毛器は永久脱毛できない

家庭用脱毛器や脱毛サロンでは永久脱毛は出来ません。

永久脱毛ができるのはクリニック(病院)による医療脱毛だけです。
それは法律で定められているので、永久脱毛が出来る医療脱毛のような出力が高いレーザー脱毛は
医療機関以外では使用できないのです。

永久脱毛の定義はここでは割愛しますが、
家庭用脱毛器や脱毛サロンではいずれ少なからずとも毛が生えてきます。

それでも先ほどお話したようにムダ毛の自己処理が
ほぼいらなくなるまでは脱毛出来るので安心して下さい。

「永久脱毛を業として行った場合は、医師法第17条の医業に該当し、医師以外の者が行えば医師法違反となる」

効果の高い脱毛器を選ぶための5つのポイント

脱毛器選びで失敗しないために正しい脱毛器を選び方を理解しましょう。
ここでのポイントを理解することで、効果の高い脱毛器を見分ける事ができますので、
絶対に抑えておきたいととこです。

基本はフラッシュ脱毛器を選ぶ

フラッシュ脱毛
家庭用脱毛器の種類は色々ありますが、主流はフラッシュ脱毛器です。
フラッシュ脱毛器はお肌への負担が少なく、高性能の物は脱毛効果も高いので、
基本はフラッシュ脱毛器を選ぶと良いでしょう。

もちろん、その他の種類の脱毛器も良いですが、
メリットよりもデメリットが多く、クセが強いので特別な事情がない限り、
フラッシュ脱毛がおすすめです。
(脱毛器の種類は下記で詳しく紹介)

10段階レベル調整が出来る脱毛器を選ぶ

レベル
家庭用脱毛器はレベル設定することで出力を調整出来ます。
レベルの幅が広い方が出力が高くなる傾向にあるので、
10段階調整出来た方が効果は高いです。

また、レベルの幅が広い方が部位によって微妙に調整できるので、
出来るだけ少ない痛みで高い効果を得る事が出来ます。

質の高いカートリッジの脱毛器を選ぶ

カートリッジ
カートリッジの性能によって、
照射面積や1ショットコスト(ランニングコスト)が決まってきます。
また、質の高いカートリッジを使う事で脱毛効果を高める事も可能です。

因みにカートリッジは本体を購入すると付属して付いてきますが、
使い切ってもカートリッジを交換することで半永久的に脱毛器を使い続けれます。
(交換できない脱毛器もある)

照射面積が広いカートリッジ

照射面積はその名の通り1ショット照射できる面積の事です。
照射面積が狭いカートリッジは、時間も手間もかかり、カートリッジの消耗を早めてしまいます。
特に全身脱毛するなら、照射面積が広い事は必須です。
最低でも7㎡はほしいです。

1ショットコストが安いカートリッジ

1ショットコストとは、
「カートリッジ価格(もしくは本体価格)÷ショット数」で、このコストが安ければ安いほど
1つのカートリッジで多く照射出来るという事になります。
つまり、1ショットコストが安いというのはコスパが良いという事です。

対して1ショットコストが高いと何度もカートリッジの交換が必要になり、
本体価格が安くても最終的には高く付きます。

交換可能なカートリッジ

脱毛器の中にはカートリッジを交換すれば使い続けられる物と
カートリッジを使い切れば本体を購入しなければいけない物があります。

おすすめとしてはカートリッジを交換できる脱毛器です。

使い切りの脱毛器は先ほど紹介した1ショットコストが高くなってしまいます。
販売ページの中には、数十万発照射できるから交換の必要はないと書かれているものもありますが、
実際に長く使い続けば交換は必要です。

特に全身脱毛する場合は回数が必要になりますから、
数万発くらいは結構速く消費します。

全身に使える脱毛器なのか確認する

ケノン照射可能部位
家庭用脱毛器は全身に使えない物もあり、
特に顔やVIOには使えない物が多いです。

何処まで脱毛するかによっても変わりますが、
どうせ購入するなら全身に使える脱毛器が良いでしょう。

格安の脱毛器は極力避ける

格安
家庭用脱毛器は沢山ありますが、格安脱毛器はあまりおすすめしません。
何故なら、
「徐々に脱毛効果が落ちてくる」「使っている時は効果を感じても止めればムダ毛が元に戻る」
「故障しやすい」「照射面積が狭い」「脱毛効果が弱い」
など性能は決して良くありません。

家庭用脱毛器は長く使うものなので、良い物を使って綺麗に脱毛したいとこです。

家庭用脱毛器の人気ランキング5選

それではここからは厳選した家庭用脱毛器5選を紹介します。
色々な脱毛器はありますが、ここから選べばほぼ間違いありません。

第1位 脱毛器の王様ケノン

ケノン
<出典:amazon

自宅でサロンと同等の脱毛ができるのがケノン。
ケノンでしっかりと脱毛すれば、ほぼ自己処理が必要なくなるくらい綺麗に脱毛出来ます。

脱毛効果の高さ、ランニングコストの安さ、照射面積の広さなど業界TOPクラスで、
最も高性能の脱毛器です。
そのため、短期間で全身脱毛を終わらせる事が可能です。

ケノン1台もっていればサロンの脱毛器が自宅にあるような物なので、
いつでも高出力の脱毛をすることが可能です。

また、フォトフェイシャルとしても使え、シミ、しわ、くすみ、ニキビ跡などへのスキンケアも行う事が可能です。

脱毛方法 フラッシュ式 照射面積 9.25平方cm
レベル調整 10段階 カートリッジ 最大300万発(交換可能)
1ショットコスト 0.0098円 使用可能部位 全身

ケノンの詳しい詳細

ケノンのポイント

  • 剛毛・産毛にも効果が高い
  • 全身何処でも脱毛可能
  • サロンと同等の効果
  • 脱毛期間が短い
  • ランニングコストが安い
  • お肌に優しい
  • 家族と共有できる

たった4ヶ月でムダ毛の量がかなり減った

ケノン脇ビフォアフター
上記の画像は当編集部のスタッフがケノンで4ヵ月間脱毛したビフォーアフターです。
たった4ヵ月なので、まだムダ毛は生えてきますが、
これだけ太かった脇毛が産毛ような状態になりました。

これがサロンなら予約や利用状況でまだまだ時間がかかりますし、
格安家庭用脱毛器ならこうはいきません。

高性能の脱毛器を使えば自宅でも綺麗に脱毛することが可能です。

ケノンの詳しい詳細

第2位 家庭用レーザー脱毛器トリア4X

トリア
<出典:amazon

医療脱毛以外で唯一レーザー脱毛ができるのがトリアです。

このトリアは、医療レーザー脱毛と同じ種類であるダイオードレーザーを採用しており、
アメリカの公共機関であるFDAが認定している家庭用脱毛器です。

レーザー脱毛なので脱毛器の選び方のポイントに当てはまりませんが、
脱毛効果の高さはサロン以上です。
特に剛毛に効果が高いのが特徴です。

しかし、照射面積が狭いので全身脱毛するには非常に手間がかかります。
そして何より痛みが強いのが大きなデメリットです。

レーザー脱毛なので仕方ありませんが、
トリアは敏感肌の人や痛みが敏感な部位には痛くて使えないという人も沢山います。
また、剛毛には効果が高いですが、産毛の効果は弱いとも感じます。

トリアを使うなら、剛毛な狭い範囲がおすすめです。

脱毛方法 レーザー式 照射面積 1平方cm
レベル調整 5段階 カートリッジ 最大20万発(500回充電したらバッテリー交換)
1ショットコスト 0.137円 使用可能部位 (顔・デリケートゾーン以外)

トリアの詳しい詳細

第3位 ルメア アドバンス

ルメア
<出典:amazon

ヨーロッパで5年連続売上NO1を取ったこともあるルメアアドバンス。

ルメアアドバンスは皮膚科医と共同開発した脱毛器で、
お肌に優しいのが特徴です。

肌トラブルがないように黒い危険なお肌には照射できないように肌色センサーが付いていますし、
お肌に付けないと照射出来ないようにもなっているので、誤って危険な部位に照射する事もありません。

また、部位に合わせて「体、ビキニライン、顔」専用のカートリッジが付いているので、
どの部位でも効率よく効果的に照射していける設計になっております。

ただし、カートリッジを交換できないのでランニングコストが高くなる事と、
レベル調整が5段階で脱毛効果がケノンやトリアに比べ落ちます。

脱毛方法 フラッシュ式 照射面積 4平方cm
レベル調整 5段階 カートリッジ 最大25万発(使い切り)
1ショットコスト 0.23円 使用可能部位 全身

ルメア アドバンスの詳しい詳細

第4位 光美容器ブラウン シルクエキスパート

シルクエキスパート
電気シェーバーの世界的な有名企業が開発したフラッシュ脱毛器です。

シルクエキスパートにはフラッシュ自動調整システムを搭載しており、
自分でレベル調整するのではなく、お肌の状態に合わせてシステムが自動でレベル調整してくれます。

そのため、お肌への負担を極力抑えながら最適な出力で脱毛していけます。

また、部位や目的に合わせて3種類の照射モードがあります。

照射モード

  • やわらかフラッシュモード⇒お肌に負担が少なくパッチテストとしても使える
  • 基本フラッシュモード⇒狭い範囲や敏感な部位を照射するタイプ
  • 連続フラッシュモード⇒広い範囲を照射するタイプ

ケノンやトリア程ではありませんが、
それなりに脱毛効果もあり、回数を重ねればそれなりに綺麗になる家庭用脱毛器です。

しかし、カートリッジ交換ではなく、本体買い替えないので
ランニングコストが高いのがネックです。

脱毛方法 フラッシュ式 照射面積 6平方cm
レベル調整 自動調整 カートリッジ 最大30万発(使い切り)
1ショットコスト 約0.13円 使用可能部位 顔とI・Oライン以外

シルクエキスパートの詳しい詳細

パナソニック 光エステ

光エステ
パナソニックが発売しているフラッシュ脱毛器が光エステ。
高性能脱毛器とは言えませんが、年々進化しており、脱毛効果も高まっております。

どちらかというと低価格の家庭用脱毛器の部類に入りますが、
顔、脇、腕、脚、Vラインといった主要な部位の照射は可能ですし、
10分の充電で約40発照射できるクイック充電も出来ます。

本格的な全身脱毛は難しくても気になる箇所を軽く脱毛できれば良いなら光エステで十分です。
特に始めて脱毛する人にはとても使いやすいと思います。

脱毛方法 フラッシュ式 照射面積 8.3平方cm
レベル調整 5段階 カートリッジ 最大30万発(使い切り)
1ショットコスト 約0.15円 使用可能部位 顔・脇・腕・脚・Vライン

光エステの詳しい詳細

人気脱毛器の比較表

総合評価 第1位 第2位 第3位 第4位 第5位
商品写真 ケノン トリア ルメア シルクエキスパート 光エステ
商品名 ケノン トリア4X ルメア アドバンス ブラウン シルクエキスパート パナソニック光エステ
価格 69,800円(税込) 54,800 (税込) 57,998円(税込) 41,524円(税込) 25,200円(税込)
脱毛方法 フラッシュ式 レーザー式 フラッシュ式 フラッシュ式 フラッシュ式
照射面積 9.25平方cm 1平方cm 4平方cm 6平方cm 5.4平方cm
レベル 10段階 5段階 5段階 自動調整 5段階
カートリッジ 最大100万発(交換可能) 最大20万発(500回充電したらバッテリー交換) 最大25発(使い切り) 最大30発(使い切り) 最大10発(使い切り)
1ショットコスト 0.021円 0.137円 0.23円 約0.13円 約0.29円
使用可能部位 全身 顔・デリケートゾーン以外 全身 顔とI・Oライン以外 顔・脇・腕・脚・Vライン
特徴 ケノン一台で自己処理なしの全身ツルツル 狭い範囲の剛毛におすすめ お肌に優しく脱毛ができる 自動でレベル調整可能 オーソドックスな脱毛器
詳細 詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

家庭用脱毛器の種類

脱毛器といっても定義が広いので、
脱毛器の種類を理解しないと誤って購入してしまうこともあります。

基本はフラッシュ脱毛器を理解しておければ良いですが、
この機会に家庭用脱毛器の種類を理解しておきましょう。

フラッシュ脱毛器

フラッシュ脱毛とはIPL(インテンスパルスライト)という光を使った脱毛です。
家庭用脱毛器に限らずサロンでも使われている脱毛器です。

フラッシュ脱毛は、脱毛や美肌などに効果がある様々な波長を持つ光です。
その中で脱毛に効果がある波長を取り出し、脱毛していく方法です。

特徴は、光が拡散するので直線的にお肌には届いていきませんが、
その分お肌に優しいのがメリットです。

回数を増やすことで少しずつ毛を生やさなくしていき、
最も安全に確実に脱毛していけるのがメリットです。

レーザー脱毛器

レーザー脱毛は基本医療脱毛でしか行えません。
しかし、家庭用にはトリアがあるので自宅でも使う事が可能です。

レーザー脱毛もフラッシュ脱毛と仕組みは同じで、
黒い色素に光が反応して毛乳頭に熱を加えます。

フラッシュ脱毛との違いはレーザーが直線的にお肌に届き
エネルギーが分散されることなく毛乳頭に届くので、
脱毛効果が高いのが特徴です。

しかしその分お肌へのダメージも大きく痛みが強いですし、
トリアは照射面積が狭く、全身脱毛には不向きです。

バルジ式脱毛器

バルジ式脱毛とは開発されたばかりの方式で、
サロンではSHR脱毛やハイパースキン脱毛とも言われております。

バルジ式脱毛は、従来の脱毛のように毛乳頭にダメージを与えるのではなく、
バルジという毛の作り出す場所から出ている毛のタネだけにダメージを与えます。

特徴としてはフラッシュ脱毛よりお肌への負担がなく、
白髪でも黒い肌でも脱毛することが可能です。

そのため痛みはあまりなく、子供でもより安全に脱毛することが出来ます。
(フラッシュ脱毛でも子供の脱毛は十分に可能)
また、産毛にも効果が高いと思います。

しかし、フラッシュ脱毛に比べ若干効果が弱く、回数が必要です。
また、家庭用の場合ニードという脱毛器1台しかなく、価格も20万円はしますので、
正直購入するメリットはあまりありません。

バルジ脱毛をしたいならサロンに至った方が良いでしょう。

サーミコン式脱毛器

サーミコン式とはお肌の表面に出ている毛を熱線で焼き切る仕組みです。
ヤーマンが発売しているノーノーヘアという脱毛器がこの方法です。

しかし、サーミコン式は脱毛ではなく除毛です。
ただ単にお肌の表面出ている毛を焼くだけなので、
脱毛効果は全くありません。

泡脱毛器

泡脱毛器とは、脱毛器の先端がローラーになっていて、
そのローラーが毛を挟み抜いていくという仕組みです。
そして、お肌に負担がないようにボディソープなどで泡を立てて使っていきます。

パナソニックが発売しているソイエと言う商品がこの方法です。

しかし泡脱毛のムダ毛を処理するだけの除毛で脱毛効果はありません。

家庭用脱毛器の回数と使用頻度

家庭用脱毛器を使う上で、どのくらいの回数や期間、
そして使用頻度はどのくらいか気になる人も多いと思います。

家庭用脱毛器の回数と期間

回数 期間
15回 1~1年半
15回 1年
15回 1~1年半
18回 1年半
背中 18回 1年半
VIO 18回 1年半

脱毛の回数や期間は個人差もあり使っている脱毛器によっても違いが出ます。
上記はあくまでも目安であるので、それ以上も以下にもなる可能性があります。

ただ、部位や毛質、使う脱毛器に違いがあっても
回数は15回は必要で、期間も1年くらいは必要です。

もしかしたら長いと感じるかも知れませんが、
家庭用脱毛器の期間は短い方です。

サロンは倍近くの期間が必要ですし、
医療脱毛も回数は少ないですが、その分脱毛頻度が長いので1年以上はかかります。

また、この回数を脱毛しなくては綺麗にならないのではなく、
3~4ヵ月脱毛すればそれなりには効果を感じます。

家庭用脱毛器の脱毛頻度

家庭用脱毛器の使用頻度は以下がベースになります。

脱毛頻度

  • 1~2ヶ月⇒2週間に1回
  • 3~5ヵ月⇒1ヵ月に1回
  • 6ヶ月以降⇒2ヵ月に1回

基本は2週間に1回のペースで続けていき、
毛の量の生えるのが遅くなってきたら回数を1ヵ月に1度、2ヵ月に1度と減らしていきます。

上記ではわかりやすく月ごとに回数を紹介していますが、
毛の量を見ながら脱毛回数を調整していきます。

しかし、むやみやたらと回数を増やしても意味はありませんし、
カートリッジを無駄に消耗させるだけです。

毛周期を理解する

毛周期
毛周期とは毛が再生してから抜け落ちるまでの期間のことで、
「成長期」「退行期」「休止期」に分けられます。

脱毛はお肌の表面に毛が出ている状態の成長期にしか効果はありません。

なので、脱毛頻度を開けるのは構いませんが、
頻度を短くしても意味はないのです。

脱毛は焦らずじっくりと続けていきましょう。

家庭用脱毛器の使い方

家庭用脱毛器を使えるか不安に感じる人もいるようですが、
とても簡単なので、以下を参考にして下さい。

脱毛器の使用手順

  1. ムダ毛を軽く剃る
  2. 電源を入れてレベル調整する
  3. 患部を冷やす
  4. 照射する
  5. 脱毛が終われば保湿する

ムダ毛を軽く剃る

脱毛する前は電気シェーバで軽くムダ毛を剃ってください。
ムダ毛を剃らなければ痛みは強くなり、効果も下がってしまいます。

この時に注意してほしいのは、
完全に剃るのではなく、2~3㎜ほどムダ毛を残す事です。

脱毛はムダ毛の黒い色素に反応して熱を加えるので、
完全に剃ってしまうと脱毛効果を得られません。
また、その際はお肌の負担が少ない電気シェーバーを使って下さい。

もし毛が少ししか伸びていなければ剃らなくても大丈夫です。

電源を入れてレベル調整をする

次に本体の電源を入れてレベル調整します。

レベルに関しては家庭用脱毛器によって異なるのでどのくらいとは言えませんが、
低レベルから始めてパッチテストをすると良いでしょう。

患部を冷やす

照射する前にお肌への痛みを軽減させるために患部を冷やして下さい。
冷やすものは、保冷剤でも冷たいタオルでも何でも良いです。
しっかりと冷やせばその分痛みを少なく出来ますので、、
特に脇やデリケートゾーンなど敏感な部位は良く冷やすと良いでしょう

照射する

後は「冷やす⇒照射する⇒冷やす⇒照射する」
を繰り返すだけです。

また、部位ごとによってレベルを調整するのも良いです。
敏感な部位は低レベルで腕や足などは高レベルと工夫をして下さい。
もちろん、多少の痛みは我慢できるなら、全ての部位レベルMAXでも良いでしょう。

脱毛が終われば保湿する

脱毛が全て終われば、乳液や化粧水などで保湿して終わりです。
また、脱毛している最中は常に保湿すると良いと思います。

お肌が乾燥すると痛みが増しますし、肌トラブルの原因にもなります。
逆に保湿すれば家庭用脱毛器で肌トラブルになることはそうはありません。

脱毛サロンと家庭用脱毛器

家庭用脱毛器を使う人の中には、
サロンで脱毛しようか迷っている人もいると思います。

多くのサイトは、ポディショントークでサロンをオススメしていますが
実際はどうなのか比較してみます。

家庭用脱毛器 サロン
価格 5~7万円(何度も使える) 30万円(全身)
期間 1~1年半 3年以上
頻度 2週間に1回 1~3ヵ月に1回
効果 普通(高性能脱毛器に限る) 普通
手間 自分で照射するのでかかる かからない
予約 なし 必要(混んでいて取れない事もある)
移動 なし サロンまで移動(交通費がかかる)

ご覧頂ければわかるように家庭用脱毛器の方がメリットは多いと思います。
一昔前までは、サロンの方が効果は高かったのですが、
今は性能の良い家庭用脱毛器が出てきたので、脱毛効果は変わりません。
正直今は、自宅で脱毛できる時代です。

しかし、手の届かない背中や自分で照射しにくい部位だと
サロンの方がメリットです。
また、脇だけなら安いサロンもあるので、
家庭用脱毛器はデメリットです。